03-3721-8511

〒145-0071
東京都大田区田園調布2-62-5
東急スクエアガーデンサイト南館3F

大田区 田園調布 田園調布ヴェルデ矯正歯科 矯正歯科 顎関節症 インビザライン

診療日
【月~金】
10:00~20:00
【土】
9:00~18:00
休診日
木・日・祝日
ヴェルデの森 Blog
大田区ドクターズ インタビュー
大田区ドクターズ 徒歩動画

矯正症例

正症例


開咬症

奥歯でしっかり咬んでも、前歯が咬み合わない歯並び、噛み合わせです。
この歯並びでは、前歯で麺類などが噛み切れません。

前歯だけ開いているのがわかります。

上下左右の前から4番目の歯(第一小臼歯)を抜いて、治療しました。
前歯を咬ませるのに、引っ込める必要性から抜歯を選択しました。
矯正後は前歯がしっかり咬み合わさり、麺類も噛み切れるようになりました。

矯正前に比べ、前歯が引っ込んでいるのが、わかります。

患者様は口元の突出感も気にされていました。

矯正後の横顔です。矯正前と比べると口元が引っ込み、突出感もなくなりました。


顎変形症

骨格的な顎の曲がりを、矯正と外科手術にて治す方法です。矯正は、外科手術を併用することになるので、保険適応となります。手術も保険適応です。

口の中は、下顎が前突し、右にズレています。

顔貌も顎が右に曲がっているのがわかります。

手術の前に、術後の噛み合わせを予測して、歯並びを改善しておきます。

外科手術と矯正治療が終了した後の写真(横)です。歯並びも、噛み合わせも、そして顔貌の曲がりも治っています。

外科手術と矯正治療が終了した後の写真(正面)です。歯並びも、噛み合わせも、そして顔貌の曲がりも治っています。

外科手術と矯正治療が終了した後の写真(横顔)です。歯並びも、噛み合わせも、そして顔貌の曲がりも治っています。

外科手術と矯正治療が終了した後の写真(正面顔)です。歯並びも、噛み合わせも、そして顔貌の曲がりも治っています。


1期治療小児反対咬合

小児の反対咬合、受け口です。歯並びもガタガタです。反対咬合は成長期のうちに治しておかないと、どんどんと下顎が出てしまいます。

横から観た噛み合せです。特に骨格的な反対咬合は成長期に治療することが重要です。

1期治療(小児矯正)を開始し反対咬合を先ずは治します。小児矯正治療は噛み合せを治すことが最も重要です。そのため早い段階で反対咬合は治します。

上下の噛み合せが治っています。あとは前歯(4本)の歯並びを1期治療中に治します。

ガタガタの歯並びを治すのはワイヤーによる治療です。歯並びは取り外しのできるプレートなどでは治りません。留めるゴムは色々な色があります。

前歯が4本より後方は乳歯です。乳歯にもワイヤーは付けて固定します。これにより半年ぐらいでガタガタはきれいに並びます。乳歯への影響もありません。

反対咬合(受け口)も改善し、ガタガタもきれいに治りました。

治った状態を固定するためにリテーナーという保定装置を睡眠時に装着していただきます。歯並びを固定しながらこれから生えてくる永久歯のスペースをキープするための大切な装置です。睡眠時のみなので負担はほとんどありません。

歯の生え替わりが全て終了した状態です。全て永久歯になりました。これで1期治療が終了です。

後から生えてきた永久歯も順調にきれいに生えてきて、噛み合せも良いです。特に2期治療の必要性やご希望もなかったため1期治療のみで終了しました。


小児矯正(IからII期治療)

前歯のガタガタを主訴に来院。前歯の永久歯が4本生える前(7~8歳)が小児矯正を始めるのに最適な時期です。犬歯が生え替わってしまうと小児矯正ができないことがあります。

上顎の写真。前歯2本の永久歯がガタガタになっています。

下顎の写真。前歯4本の永久歯がガタガタです。

歯を抜かずに治療するため、アゴを拡げます。この装置は夜寝る時だけ使います。

下顎も同様の装置で拡げます。学校にはしていきません。

アゴが拡がったら一度ワイヤーの装置で歯を並べます。この装置は約半年間装着します。

歯を並べた状態です。この状態で一度保定装置にて固定します。

アゴも拡がり歯を抜かずにガタガタが改善しています。この状態でキープします。

生え替わりが終了した時の写真です。歯並びは少し後戻りしていますが、歯を抜かずに並べられる状態になっています。

2期治療をするか、しないかをこの時点でご相談し、ご希望があれば再検査を行います。

少し後戻りしていますが、もう歯を抜かずに歯を並べられる状態になっています。

2期治療(12歳)を開始しました。ワイヤーの装置のみで治療します。約1年の治療期間です。

2期治療終了後の写真です。

ガタガタは改善されています。1期治療から始めたため、歯を抜くことなくガタガタが改善されています。

抜歯せずにガタガタは改善されています。もし初診の状態を放置し中学生以降で矯正を始めたら、抜歯症例となっていたと考えられます。


小児の上顎前突

出っ歯を主訴に来院された患者様です。上の前歯が下の前歯よりかなり突出しています。そのため噛み合せもズレています。

診断の結果下顎が小さく後退している骨格だということがわかりました。これは日本人に多い骨格です。出っ歯さんの多くは上の前歯がでているよりも、実は下顎が小さいため、相対的に上の前歯が出てしまいます。

そこで1期治療(小児矯正)では、夜寝る時だけ使用するマウスピースで下顎の成長を促進することで、土台の骨格(噛み合せ)を改善し、将来2期治療で歯を抜かずに簡単に歯を並べられるようにします。

1期治療終了時です。骨格から改善し噛み合せは正しい位置で咬んでいます。もちろん上顎前突は治っています。

治療後の横顔です。しっかり下顎も前方に成長して美しい側貌(E-line)になっています。

全体的な歯並びの改善もご希望されたため、2期治療で歯並びも改善しました。


事故後の前歯回復

この症例は事故により前歯を2本失うことになりました。治療の選択肢は色々あります。相談した結果、自分の歯だけで治したいとの希望に応えるため、矯正のみで治療しました。

失った前歯2本のスペースを閉じる治療をしました。

治療終了です。


小児矯正のみで終了

当院は小児矯正(1期治療)で終了することを目標においています。Ⅰ期治療でできることは、全て治療します。

そのため上下共にガタガタがあれば短い間ですが、ワイヤーにてきれいに並べます。なるべくⅡ期治療に持ち越しません。

並べた後は、生え替わりが終わるまで固定して、注意深く診ていきます。毎月ではありません。

この症例のように生え替わりが終了して、特に問題が無ければⅠ期治療で終了です。


正中のズレ

非抜歯が一番良いと言う訳ではありません。この症例は抜歯症例です。Case by caseですね。ガタガタで真中もかなりズレています。

奥歯の噛み合せはさほど悪くありません。口元の感じを考慮して、抜歯症例としました。

前歯が外に出ているのがわかります。

治療後です。真中も合わせました。

噛み合せも良好です。

特に問題なく安定しています。


リンガル(裏側)矯正

リンガル(裏側)矯正 初診1

リンガル(裏側)矯正 初診2

リンガル(裏側)矯正 治療開始時

リンガル(裏側)矯正 治療1

リンガル(裏側)矯正 治療2

リンガル(裏側)矯正 終了1

リンガル(裏側)矯正 終了2

リンガル(裏側)矯正 初診時

リンガル(裏側)矯正 終了時


ガタガタ(抜歯症例)

上下前歯のガタガタの症例です。ガタガタしている所は歯ブラシがとどかないので、茶色く着色しています。重なっている所は虫歯になっていることが、ほとんどです。

ガタガタの量が多く、物理的に顎の骨に入りきらないため、上下左右の前から4番目の歯(第一小臼歯)を抜いて、治療しました。抜かずに治療した場合、歯列の円周が広がり口元が突出してしまうため、抜歯をご選択されました。矯正後は歯磨きもし易く、歯の色も一緒にきれいになっているのが、わかります。


上顎前突出(出っ歯)

上顎前突症にもタイプが色々ありますので、治療方法も1つではありません。 このような上の前歯が外側に拡がって出てしまっている症例では、上の歯を左右1本ずつ計2本抜く事により、前歯を内側に入れて行きます。

1.上の前歯が外側に出ています。

1.上の前歯が外側に出ています。

2.治療開始時:前から4番目の歯を抜く治療にします。

3.左右1本ずつ歯を抜いています。

4.左右1本ずつ歯を抜いています。

5.終了時:抜いたスペースを利用して、前歯を内側に入れました。

6.抜いた所は前歯を入れるため隙間が無くなっています。

7.抜いた場所はわかりません。


埋伏歯

埋もれてしまって出て来ない歯のことを埋伏歯と言います。このような埋もれた歯でも矯正によって引っぱり出すことができます。1.歯茎を少し開く処置をします。そこに装置を着けて引っぱり始めます。

2.だんだん出てきました。

3.完全に出てきて並び終えました。

4.その後歯茎も健康な状態に戻りました。


補綴専門医との連携

成人の歯や歯並びは元々の状態が既に悪いことがあります。このような症例は他院(他の専門分野)の先生とチームになって治療にあたります。初診:下の奥歯は既に無く、八重歯は放置していたためグラグラで抜けそうです。他の歯も状態が悪く、被せる処置(補綴)が必要な状態でした。

矯正終了時:やむを得ずグラグラの八重歯を抜き、残された歯をバランスよく並べました。この状態で補綴の専門医にきれいな被せ物を入れて頂きます。

補綴終了時:最終的な状態です。状態の悪かった歯も正しく並べた事で、きれいで自然な被せ物が入れる事ができました。下の奥歯は将来インプラントを植立する予定です。


補口元の変化

治療前

治療前

治療後

治療後


重度の叢生

治療前

治療前

治療開始

治療開始

治療開始

治療開始

治療後

治療後

治療後

CLINIC info

ヴェルデ矯正歯科

〒145-0071 東京都大田区田園調布2-62-5
東急スクエアガーデンサイト南館3F

03-3721-8511

お問い合わせ

診療時間
10:00~20:00

【休診日】木・日・祝日
・・・9:00~18:00

Copyright© 2010 verde-ortho.com All rights reserved.

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。